集成材・堅木に最適!
鋸工房
両刃鋸石頭21番


インプレッション
鋸工房が自信を持ってお送りする
”集成材に最適のタテ引き、横引き混合刃”を搭載した新型ノコギリ”石頭21番が発売です。
今までの”両刃鋸”は、両刃にそれぞれ材木を切る時の木目にあわせて、刃の目の粗い”タテ目用”と細かい”横目用”の刃が付いていましたが、
”石頭21番”はタテ引き用の刃の替わりに集成材用の刃をつけています。

近年木屑をボンドで固めた”集成材”という材木が良く使われるようになってきました。(大きな木がなくなってきてしまった訳ですね^^;)
しかしこの集成材というのが結構なくせもので、木屑の集まりですからタテ目や横目がごちゃごちゃに混ざっているわボンドで固めているので木と共にボンドも切らないといけないわで、なかなか満足できるノコギリがありませんでした。

”石頭21番
の集成材用の刃は、当店に来られている大工さんのお客様方に使ってもらったところ全ての大工さんがその切れ味に満足しています!(今のところ100%です)また集成材だけでなく
堅い木材に対しても抜群の切れ味を持っているようで好評をいただいております。ぜひともこの切れ味をお試しあれ!